iPhone4S SIMフリー版が登場

14日(金)に発売されたアップルのスマートフォン「iPhone 4S」のSIMロックフリー版が早くも登場、Jan-gle 秋葉原本店で直輸入品が販売中だ。在庫販売を確認したのは32GBのブラック「MD242B/A」とホワイト「MD244X/A」、64GBのブラック「MD257X/A」の3モデルで、実売価格は32GBモデルが119,800円、64GBモデルが139,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)

【拡大画像や他の画像】

 アメリカなど世界7カ国で14日(金)に発売され、日本でもSIMロックモデルがauとソフトバンクから発売されているiPhone 4Sだが、今回入荷したのは両キャリアのSIMロックがかかっていない海外版SIMロックフリーモデル。SIMロックの有無以外の仕様は世界共通のため、条件さえ整えばauやソフトバンク以外のキャリアでも利用できると思われるが、販売しているJan-gle 秋葉原本店では、「国内キャリアのSIMカードの利用に関しては未確認」としている。

 今回入荷したのは、32GB/ブラックが「イギリス」(Jan-gle 秋葉原本店)、32GB/ホワイトと64GB/ブラックが「オーストラリア」(同)で販売されているというモデルで、技適マークについては、「マニュアルには記載があった(本体側は未確認)」(同)という。

 付属品はDockケーブル、イヤホン、マニュアルなど。ACアダプタについては、32GB/ブラックモデルは欠品、32GB/ホワイトと64GB/ブラックは海外仕様のアダプタが付属している。


【AKIBA PC Hotline!】

  

iPad躍進 米アップル54%増益

【シリコンバレー時事】米アップルが18日発表した7〜9月期決算は、売上高が前年同期比39.0%増の282億7000万ドル(約2兆1711億円)、純利益は53.7%増の66億2300万ドル(約5086億円)と、増収増益となった。
 タブレット型多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」が約2.7倍の1112万台、パソコン「Mac(マック)」が26%増の489万台の売り上げを記録し好調を維持。スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の販売は21%増の1707万台だった。ただ売上高合計は予想を下回った。 

  

ドコモからAndroid 4.0スマホ

NTTドコモは19日、韓国サムスン電子の「GALAXY(ギャラクシー)」シリーズの最新機種を「GALAXY NEXUS(ネクサス) SC−04D」として11月に発売すると発表した。グーグルの新OS「アンドロイド4.0」を搭載した世界初のモデル。

【写真特集】ギャラクシー ネクサスの写真をもっと見る

 「ギャラクシー ネクサス」は縦13.6センチ、横6.8センチで、ディスプレーは約4.7インチ。厚みは約8.8ミリと、約1センチの「ギャラクシーS2」より薄い。CPUは1.2ギガヘルツのデュアルコアを搭載している。

 ドコモが18日に発表したギャラクシーの新機種「S2 SC−03D」に比べると、ネクサスの方が画面が大きく、ハイビジョン画質(HD)にも対応して高精彩になった。一方、高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」のほか、日本市場向けのおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信には対応していない。

 グーグルによると、「アンドロイド4.0」はスマートフォンとタブレットの両方に対応したOSで、操作はすべて画面上で行い、端末にボタンをつける必要がない。カメラ機能が強化され、ビデオキャプチャーや、画像編集が可能になったほか、顔認証による端末ロック、近距離無線技術の国際規格「NFC」でウェブページや地図、ビデオなどを共有できる機能も搭載。また、グーグルのブラウザー「クローム」とブックマークを同期できる。